BLOG

オススメな食事例

2021-09-19

リバウンドについて

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムBLUEMの佐藤です。

今回は私のジムがリバウンド対策を専門としたパーソナルトレーニングジムということで、リバウンドについてまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

ダイエットにおけるリバウンドとは

 

まず、そもそもリバウンドとは「ダイエットを中断、または達成した後、一度減った体重が元の体重またはそれ以上に戻ってしまうこと」を言います。

私のお客様も他のパーソナルジムで何度もリバウンドを経験された方が多数いらっしゃいます。沢山のお客様のお話を伺うとリバウンドも4つのパターンに分けらるということが判明し今回まとめましたので、ご自身がどのタイプのリバウンダーなのか(またはその可能性が高いのか)当てはめながらご覧になってください。

 

リバウンドのタイプ

①瞬間タイプ

これは短期集中でダイエットに成功し、すぐに体重が戻ってしまうタイプ。ダイエット成功で気が緩み、もとの食事内容に戻す事で一瞬で元の体重に戻ってしまいます。「ダイエットしたからもう太らない」という謎の自信がなぜか沸き、好きな物を食べて止まらなくなる方が多い印象です。

 

②気付いたら増えてしまったタイプ

パーソナルジムなどでダイエットに成功し、もう太らないようにと食事や運動に気を遣っていたが、徐々に少しずつ増えていくタイプ。

こちらは食事や運動をコントロールしているつもりでも、食欲が優っている状態です。少しずつ体重が増えるので、身体の変化に気付きにくく、いつのまにか大きくリバウンドしてしまう方が多いです。

 

③一気に食欲爆発タイプ

ダイエットに成功し維持し続けていたが、瞬間的なストレスや強烈な誘惑により、一気に食欲が爆発して自制心が効かなくなってしまうパターン。ストレスや自己コントロールの欠如が考えられます。

 

④自分の身体に興味が無くなったタイプ

私のお客様ではあまりいらっしゃいませんが、過去に担当したお客様には数名いらっしゃいました。

こちらは健康とは別のものに価値を感じるようになり、ダイエットをしなくなるパターン。

「太っても美味しい料理を食べる人生の方が良い」「痩せるとシワが目立つ」などと、自分で太る事を正当化するタイプです。その方の価値観を否定するつもりはありせんが、ダイエットジムには通わない方が良いかなぁと個人的には思います。

 

ではなぜそもそもリバウンドをしてしまうのか、原因を考えてみたので、対策を打てるように分析していきましょう!

 

なぜリバウンドしてしまうのか

①筋肉量の低下

根本としてダイエットと同時に筋肉量が落ちてしまい、脂肪を燃やす能力が衰えてしまう事が考えられます。筋肉は体脂肪を燃やすエンジンのようなものなので、ダイエットをしても必要な筋肉は減らないようにすることが大切です。

筋量をなるべくキープして体脂肪だけを落としてダイエットするためには、筋肉の材料となるタンパク質をしっかり摂取し、ウエイトトレーニングをする事で筋肉を合成し、リバウンドしにくい身体を作る事ができます。

 

②環境の変化

住む場所、一緒に住む人、働く場所、一緒に働く人、友人関係、睡眠時間帯、収入の増減、病気など、私たちが生活する上で、環境は目まぐるしく変化していきます。環境の変化は人間にとってとても大きなストレスとなりますが、そのストレスの発散で、いつ、どこで、誰でも手軽にできるのが空腹を満たす事です。

ストレスをゼロにする事は難しいので、そもそもお菓子やジャンクフードを生活圏から遠ざける工夫はとても大切になります。

 

③気持ちの変化

痩せたい気持ちが無くなると好きなものをどれだけ食べても気にならなくなり、満足の行くまで食べてリバウンドします。健康的に痩せた身体を維持したいという気持ちを持ち続ければ、リバウンドしにくくなります。パーソナルジムでダイエットに成功した後にも、1〜2ヶ月に1回ほどメンテナンスでジムに通うなどのモチベーション維持が有効です。

 

リバウンドを防ぐ方法

①誘惑を断ち切る

これが最も効果的で簡単です。空腹時は食材や料理を目にすると、必ず誘惑に負けてしまうので、そもそも必要も無いのにコンビニやスーパーに寄らないようにしたり、家に必要以上の食材を置かない工夫が必要となります。

 

②ストレスコントロール

あまりにもストレスが多い状態だと、その発散で暴飲暴食をしてしまう方も多いです。ストレスは自律神経の乱れによって大きく感じる事もあるので、現代人で軽視されやすい副交感神経を刺激してあげる事で自律神経を整えていきましょう。

特に睡眠やリラックスする時間を有効に活用できると、ストレスが軽減されて食欲も抑えられます。

 

③毎朝体重を計る

リバウンドしてしまう人は毎日体重を計らない方が多いです。

明確な現状を把握していない為、思っている以上に体重が増えている方も少なくありません。太っている現状を知りたく無い気持ちもわかりますが、現在地がわからないと目的地には辿り着けません。まずは体重を毎朝計り、現状を把握する事はとても大切です。

また毎朝体重を計ると、昨日より増えたり減ったり変化する事で無意識に原因を考えることになります。その結果、悪い行動は避け、良い行動を続けようと無意識的にその日の行動に移しやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか?

ご自身のダイエットに成功したら、それを維持し続ける力を身に付ける事はとても大切です!

人間には恒常性維持機能(体重などを一定に保とうとする働き)が備わっているので、1年間体重の増減が無ければ、その後はほとんどキープする事が可能です。

目先のダイエットに囚われず、先を見据えたボディメイクをしていきましょう!

 

佐藤 元紀